PR活動でファンを獲得するために

作品の配信を始める

ギター ドラム アコギ

少し前までは、CDを制作販売していたアマチュアバンドも多かったのではないでしょうか。DVDやBDといった媒体で、ライブ映像を販売していたアマチュアバンドもいるかもしれません。ですが、気づけはCDの人気は低迷し、いまではスマートフォンやデジタルオーディオプレーヤーが主流となっていて、音楽を聴いてもらう機会が減ったと感じているバンドもいるのではないでしょうか。「動画配信サイトで聞いてもらえばいい」と考える人もいるかもしれませんが、購入してくれるということは、その音楽には「対価を払うだけの価値がある」と認められたということでもあるので、そのための機会や場が失われるというのは、バンドのモチベーションにもかかわる大事なことに繋がります。

しかし、そうした機会を取り戻す方法がない訳ではありません。スマートフォンやデジタルオーディオプレーヤーで聞いてもらえる形で有料配信を始めればいいのです。アプリケーションとして配信する場合、諸費用がかかりますが、それでも、「聴いてくれる人がいる」という確かな手ごたえを得ることができますし、それは次回作へのモチベーションにもなるでしょう。CDを作成し、在庫の管理をすることを考えれば、効率が良いと言うこともできるかもしれません。制作した音楽を有料配信するだけでなく、ディスコグラフィーやメンバーのプロフィール、ライブの告知などもまとめてできるアプリケーションを作成・配信できるシステムが提供され始めているので、そうした新しいシステムをどんどん利用して、バンドをアピールするのも戦略としては有効ではないでしょうか。

知ってもらうことと聴いてもらうことは、プロになりたいと考えているバンドにとっては必要不可欠な要素です。ですから、いかに効率良くそれらを達成するかを考えることもまた、バンド活動と同じくらい大切なのだと心に留めておいてください。常に、新しいPR方法を模索する、これがアマチュアバンドに必要な姿勢なのです。